RECOMMEND
おとなの味
おとなの味 (JUGEMレビュー »)
平松 洋子
食することは、こんなにも甘美で こころ満たさる...。
自分の記憶のなかにある味の感性が研ぎ澄まされます。(酒飲みの感性ですが)
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
アジア工房 ついったー
アジア工房 ふぇいすぶっく
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

12
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

アジア工房 マダム日記

アジア工房は、地域のみなさまをはじめ遠くから来られるお客様からも親しまれている、福岡市城南区にあるカレー屋です。
本格グリーンカレーに欧風カレー、大人気のカレーパンや、ご自宅でもお楽しみいただけるオードブルなどご用意しています。
デートやパーティー、記念日やお誕生日などのお祝いにもぜひご利用ください。
メリークリスマス☆
0
    気が付けば、今日はクリスマスイブです。

    今週末の引越しもあり、バタバタしていてケーキの予約もありもしていませんでした。

    とある出来事から、今はオーブンも 電動泡立て機も無い生活をしています。なので、ケーキを手作りすることも ままならず...


    スーパーマーケットで売っている材料で、クリスマスケーキを作ってみました。


    ↑材料は これだけ

    ちちんぷいぷい
    ☆〜♪〜☆〜♪〜☆〜♪〜☆〜♪〜☆

    *・゜゚・*:.。..。.:*・'(*゚▽゚*)'・*:.。. .。.:*・゜゚・*



    サンタさんがいっぱい(サンタ傘こ地蔵?笑) ^_^; のケーキになりました。

    皆さまにも、素敵なクリスマスが訪れますように。





    | お料理レシピ | 19:47 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
    『黒大根のサブジ』の作り方。
    0
      すっかり『黒大根』の魅力にハマってしまった 私。( ̄∀ ̄)

      今日は『吉野ヶ里あいちゃん農園』の 黒大根を使って、『サブジ(インド風 野菜の炒め煮)』を作りました。


      すごーく、美味しかったので、作り方をご紹介します。

      黒大根を見かけたら、作ってみてくださいね。o(^-^)o

      材料は これだけ。↓

      150308_1511~01.jpg
      黒大根・・・1本(厚さ5ミリの銀杏切り)
      玉ねぎ・・・小さめ1個(みじん切り)
      生姜・・・大さじ1(みじん切り)
      にんにく・・・大さじ2分の1(みじん切り)
      クミンシード・・・小さじ1
      カレー粉・・・大さじ1〜2

      《作り方》
      ‘蕕紡燭瓩量(大さじ2くらい)を熱し、生姜、にんにく、クミンシードを炒めます。
      香りがたってきたら、玉ねぎを加えて 薄く色づくまで 炒めます。

      150308_1518~01.jpg
      黒大根を加えてひと混ぜしたら、カレー粉を加えて絡めるように炒めます。
      カレー粉は、辛いのが好きなら多め、苦手なら少なめに。
      カレー粉が全体になじんで、香りがたったら、水を200ccと塩小さじ1を加えて強火にします。
      水気を飛ばすように、混ぜながら 炒め煮します。

      150308_1527~01.jpg
      出来上がり!

      10分くらいで できちゃう、お手軽レシピ。


      黒と黄色のコントラストが 美しい!


      メインの付け合わせや ビールのお供にもぴったりです。(o^-’)b

      私が作ると なんでも 酒の肴になっちゃうなぁ。(^。^;)
      | お料理レシピ | 16:06 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
      『蒲鉾で蝶々』の作り方。
      0
        150303_1302~01.jpg
        今日は、お雛祭りですね。(*^o^*)

        ちらし寿司など、作られるご家庭も多いのではないのでしょうか?

        ちらし寿司の上に 菜の花と、こんな可愛い蒲鉾で作った蝶々が のっていたら、食卓も ぐんっと春め来ますよねっ。

        お雛祭りの主役、お嬢さんの喜ぶ笑顔も期待できそうです。(^∇^)

        我が家は『お嬢さん』はいませんが、今晩はちらし寿司をつくります。
        まぁ、『お坊ちゃん(裏店長)』も 喜んでくれると思います。(笑)(^_^;)

        150303_1305~01.jpg
        蒲鉾を6〜7ミリの厚さに切ります。

        150303_1306~01.jpg
        いちばん下を切り離さないように、厚さを半分に切ります。

        150303_1308~01.jpg
        半分に切って、銀杏型に。
        端っこを写真のように、切り離さないように気をつけて 上から長めに、下からちょこっとだけ切り込みを入れます。

        150303_1309~01.jpg
        開いて、切り込みのところに 引っかければ 出来上がり。

        150303_1310~01.jpg
        いっぱいあると、更にカワイイ!(≧∇≦)

        お吸い物に浮かべたり、お弁当にいれても◎。

        作ってみてくださいね〜。o(^-^)o

        150303_2023~01.jpg
        ↑今日の晩ごはん。蒲鉾全部を蝶々にするのは、さすがに多すぎ?f^_^;
        | お料理レシピ | 13:19 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
        『にんじんゼリー』の作り方。
        0
          150220_2207~01.jpg
          ほんとは、もう少し早い時期にブログアップするつもりだったんですけどね・・・。f^_^;
          ほら、にんじんの旬って もっと寒い季節だから。

          少し春めいてきた今頃では、にんじんの旬も終わりに近いのです。

          一年中、どこでも買える定番野菜ですから、旬なんてあまり気にしたことないですが、冬野菜だけあって 保存はなるべく0℃に近い温度が良いそうです。



          アジア工房のにんじんゼリーは、にんじんの味と香りを活かすために、自然栽培のものを 良く洗って皮ごと使いました。
          もし、にんじんの香りが苦手なら皮を剥いて使うと良いと思います。

          《材料》
          にんじん・・・200g
          オレンジジュース・・・200cc
          蜂蜜・・・20g
          粉ゼラチン・・・5g
          《作り方》
          .璽薀船鵑蓮⊃ 大さじ2にふり入れて ふやかしておきます。
          にんじんは乱切りして、水とともに鍋に入れ、柔らかくなるまで茹でます。
          △砲鵑犬鵑柔らかくなったら、水気を切って、オレンジジュースと一緒にミキサーにかけます。
          ミキサーの中身を鍋入れ、蜂蜜を加えて火にかけます。
          ずぜながら温め、沸騰直前に ふやかしておいたゼラチンを加えて、混ぜ溶かします。
          チ毒がとれたら、グラスに移し、冷蔵庫で冷やし固めます。



          にんじんの色が綺麗なゼリー。にんじんの葉っぱがあれば、飾るとカワイイです。
          にんじん嫌いなお子様にも お勧め!(o^-’)b
          | お料理レシピ | 16:06 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
          『黒大根の一口ピザ』の作り方。
          0
            150217_2212~01.jpg
            ↑この野菜、何だと思いますか?

            牛蒡にしては太すぎる・・・。

            牛蒡にしても、この真っ黒な色は洗っていないからじゃないんです。

            この野菜は『黒大根』


            先日、農園を見学させていただいた『吉野ヶ里あいちゃん農園』のお野菜です。

            宅配注文した野菜が、待ちきれず(先日あまりに楽しく美味しかったものでf^_^;)
            ご近所のスーパーマーケット《ハローデイ長尾店》にて、サラダ用の野菜と合わせて 購入。

            『吉野ヶ里あいちゃん農園』のお野菜は《ハローデイ長尾店》以外でも、《ハローデイ足原店》《ボンラパス薬院店、花畑店、百道店》でも販売されているそうです。


            普段と違った野菜を登場させると、食卓が華やぎますよね。(o^∀^o)

            裏店長(息子)くんも「これ、何?」(?_?)と興味津々。


            私「大根だよー。」
            裏店長「皮のまま使うの?」
            私「うん、皮を剥いたらだだの大根になって、面白くないじゃん?」
            裏店長「ふぅん」

            普段、口数すくない高校生男子とも 会話が弾むってもんです。(^-^)v



            150217_2226~02.jpg
            ほら、中身はさすが大根!真っ白です。
            でもやっぱり、縁の黒色がカワイイと思うんですよ。(^w^)

            で、皮ごと 5ミリくらいの厚さに輪切りして、オーブンシートをひいた天板に並べて、上から『ピリ辛ミンチ&とろけるチーズ』、『ベーコン&ハーフカロリーマヨネーズ&粗びき胡椒』の二種類をトッピング。

            これを 余熱をせずに200度に設定したオーブンにいれ、20〜25分焼きます。

            余熱をしないのは、大根をじっくり加熱するため。

            大根の甘みが 引き出されます。

            『黒大根』は 普通の大根に比べて、水分が少なめ。加熱しても、身質がしっかりしています。

            先日『あいちゃん農園』のレストラン『百姓めし』にて 食べた『野菜のチーズ焼き』に大根が入っていて、チーズとの相性の良さに 目からウロコ!(@_@)でした。
            それをヒントに考案した『黒大根の一口ピザ』

            150217_2259~01.jpg
            ↑出来上がりを お皿に盛ると こんな感じ。

            ちょっと お洒落なカナッペみたいでしょ。(o^-’)b

            お父さんの酒の肴にもぴったりです。


            『ピリ辛ミンチのレシピ』もご紹介しておきますね。

            こちらは、ご飯にかけたり、レタスでくるんだり。

            スープでのばして、豆腐を入れると麻婆豆腐も出来るという、万能レシピ!

            フリーザーパックに薄くのばして冷凍保存すると、使う分だけパキパキ折って使えて便利です。


            ◇豚ミンチ・・・300g
            ◇玉ねぎ・・・小1個
            ◇にんにく・・・1片
            ◇生姜・・・1片
            ◇豆板醤・・・15g
            ◇甜麺醤・・・30g
            1.玉ねぎ、にんにく生姜をみじん切りにする。
            2.フライパンに油大さじ1を熱し、玉ねぎを炒める。炒まったら、にんにく、生姜を加え、香りが出るまで炒める。
            3.豚ミンチを加え、火がとおり、水分がとぶまで炒める。
            4.豆板醤、甜麺醤を加えて、さっと混ぜ合わせる。

            冷めてから、フリーザーパックに入れて、空気を抜いて保存する。

            冷蔵庫で一週間保存可能。冷凍保存がおすすめ。
            | お料理レシピ | 16:58 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
            『新じゃがのポテトグラタン』の作り方。
            0
              150213_1236~01.jpg
              八百屋さんの軒下に小さめのじゃがいもがたくさん入った袋を目にするようになりました。

              毎年、このくらいの季節になると、アジア工房のセットサラダやオードブルに登場する恒例のメニューがあります。

              『新じゃがのポテトグラタン』

              しっとりと柔らかい新じゃがは、皮も薄く、丸ごと食べられます。

              そんな新じゃがの美味しさを活かせるように考えたメニューで、お客様にもご好評いただいております。(*^o^*)

              時々、作り方を聞かれることがあるので、今日はこの場を借りてご紹介致しますね。(o^-’)b


              赤ちゃんがグーをした時くらいの大きさの新じゃが20個をよく洗って、たっぷりの水と鍋に入れて弱火にかけます。沸騰するかしないかくらいの火加減で、ゆっくりと 竹串が通るようになるまで茹でます。

              茹でている間に、玉ねぎ1個を薄くスライスして、バター大さじ1を溶かしたフライパンで透明になるまで炒めます。
              透明になったら、細く切ったベーコン80gを加えて、弱火で さらに玉ねぎがとろけるくらいまで炒めます。
              時間が無いときは、玉ねぎとバターを器に入れて、電子レンジでチン!透明になったところから、ベーコンと一緒に炒めはじめると楽ちんです。

              150213_1932~01.jpg

              ↑このくらいまで炒めたら、火をからおろします。

              150213_1934~01.jpg
              ↑柔らかく茹でたじゃがいもは半分に切って、中身をスプーンでくり貫きます。くり貫いた中身は、炒めた玉ねぎ&ベーコンと一緒にボールに入れます。
              もし、失敗して割れたりしても大丈夫。(^-^)
              そのときは、皮を除いて中身のじゃがいもと一緒に混ぜちゃいます。失敗しなかった 器用なあなたは、じゃがいも5個はくり貫かずに 皮を除いて中身と一緒に、粒マスタード大さじ1とマヨネーズ80〜100gを加えてポテトサラダを作るみたいに潰しながら混ぜましょう。


              __00100001.jpg
              くり貫いたじゃがいもに 詰めていきます。

              この状態で冷蔵庫で3〜4日ストック出来ます。

              冷凍は・・・したことが無いのでわかりません。(;^_^A
              された方がいらしたら、結果を教えてください。m(_ _)m


              とろけるチーズをのせて、オーブンやトースターで こんがりチーズが溶けるまで焼いたら出来上がり!

              お弁当などにも、ぴったりなので 是非作ってみてくださいね。o(^-^)o
              | お料理レシピ | 14:50 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
              胡瓜の『Qちゃん漬け』作りました。
              0
                140826_1258~02.jpg
                本日、8月31日は『野菜(やさい)の日』!


                雨続きのお天気で、高値気味の野菜たちですが、美味しいお野菜をたくさん食べたいですよね。


                山口県周南市にて『農家レストラン たぬき』にて、美味しい田舎料理を作っている『たぬきのおばさん』こと、私の実母に 『胡瓜のQちゃん漬け』の作り方を教えてもらいました。

                早速、『自然菜園 廻』の爽やかな香りのみずみずしい胡瓜で 作ってみました。

                白っぽい色をした『相模半白胡瓜』と『四葉胡瓜』です。

                140826_1320~01.jpg
                胡瓜は 歯応えが残るように、厚めに輪切りにして 少しの塩をまぶして 一晩おき、余分な水分を抜きます。

                140827_1159~01.jpg
                一晩おいた胡瓜をザルにあげて、水気を切ります。
                鍋に砂糖、醤油、酢の調味料と 生姜の千切り、梅干しを入れて煮立たせます。
                煮立ったら、水気を切った胡瓜をいれ、5〜6分煮ます。
                「胡瓜を煮るの?」と私もびっくりしたのですが、火を通すことで日持ちするのだそうです。

                140827_1235~01.jpg
                5〜6分煮たら、胡瓜だけ取り出して、煮汁を煮詰めます。
                煮詰まった煮汁に、取り出しておいた胡瓜を戻し入れ、味が馴染んだら出来上がり!

                140827_1444~01.jpg
                福神漬けに似た味で、カレーに良く合います。

                しばらく カレーの付け合わせにしてお出ししてます。

                少しですが、お持ち帰り用に販売もしています。

                どうそ、召し上がってみてくださいね。
                | お料理レシピ | 16:32 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                『カボス胡椒』作りました。
                0
                  140819_1920~01.jpg
                  柚子胡椒ならぬ、『カボス胡椒』を作りました。

                  何故、柚子じゃあなくて カボスかと言うと、シェフが「カボスが大好きだから!」

                  確かに、カボスの爽やかで 清々しい香りは、まだ暑い今の季節にぴったりな気がします。

                  私も、お湯割りには柚子、ロックや水割りには カボスかなー?と思います。(焼酎の話、飲兵衛ですみません)σ(^_^;)


                  原材料の青唐辛子とカボスは『自然菜園 廻』さんのものを使用。


                  唐辛子は、ヘタを取って 粗く刻み、カボスは 表皮の緑色のところだけを 薄く剥きます。

                  これらを ビニール袋に入れて、一旦 冷凍庫で 凍らせます。

                  何故 凍らせるかというと、ガチガチになっていたほうが このあとフードプロセッサーにかけたときに 細かくなりやすいから。
                  また、カボスの皮は 凍らせると繊維組織が壊れて 香りが出やすくなります。



                  140820_1503~01.jpg
                  ↑フードプロセッサーにかけて、粗方 細かくなったら タイ製のクロック(石臼)に入れて、重たい石のすりこぎで トントン 気長に潰していきます。

                  石臼は、摩擦を加えても 熱を持ちにくいので、その分 素材の風味を壊しません。
                  タイやインドのお母さんは、毎日 こうやってスパイスを合わせているのかなー?

                  細かくなってきたところで、山口県油谷 日本海の塩 『釜炊き 百姓の塩』と混ぜ合わせます。

                  140820_1524~01.jpg
                  ↑出来上がりです。

                  少量でも、鮮烈な辛さと 香り!\(☆o☆)/


                  アジア工房のお料理のピリリ☆と光る薬味として、大活躍してくれそうです。


                  少量ですが、店内で販売もいたします。

                  50g 350円


                  素麺や お肉料理に 添えてどうぞ。
                  早い者勝ちですよー。ε=ε=┏( ・_・)┛
                  | お料理レシピ | 15:49 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                  今年も『しそジュース』作りました。
                  0
                    140625_2141~01.jpg
                    恒例の『しそジュース』今年も作りました。


                    今年の紫蘇は、『自然菜園 廻』の畑で収穫されたもの。

                    水洗いするため、葉っぱだけにちぎった紫蘇をボールに入れて、軽く揉み洗い。

                    もう、それだけで部屋じゅうにひろがる、爽やか&スパイシーな香り!

                    やはり、自然栽培により逞しく育った野菜。
                    そんじょそこらのものとは、パンチが違います。

                    農薬や科学肥料を使ってないので、安心安全。

                    綺麗な色のしそジュースが出来ました。

                    シロップがなくなるまでの限定メニューです。



                    毎年、作り方を聞かれるので、お知らせしておきますね。

                    暑い日に冷たい水やソーダで割って、焼酎の水割りに入れたり・・・。

                    ビールで割ると、カシスビアみたいで、私のお気に入り☆。(o^-’)b

                    たくさん作ったときは、ペットボトルに小分けして冷凍保存がお勧めです。


                    材料
                    ◇赤しその葉・・・200g
                    ◇水・・・6カップ(1200cc)
                    ◇グラニュー糖・・・600g
                    ◇酢・・・1カップ(200cc)

                    \屬靴修陵佞畔量の水を鍋に入れて、20分ほど煮出す。

                    ▲競襪梅匹靴董⇒佞鮗茲蟒き(ぎゅーっと搾る)、煮出したものに、グラニュー糖と酢を加え、20分ほど中火で煮詰める。

                    冷まして、ペットボトルなどに移して 出来上がり。


                    酢は、穀物酢でOK。スーパーに売ってるものだけで 作れます。
                    | お料理レシピ | 16:45 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                    今日の晩ごはん『グリーンカレーグラタン』作り方付き。
                    0
                      140605_2135~01.jpg

                      アジア工房のFacebookページにて、『今日の晩ごはんは、グリーンカレーグラタン』と書きこんだところ反響があったので、こちらにレシピを ご紹介しておきます。

                      《グリーンカレーグラタンの作り方》
                      先ずは、アジア工房グリーンカレーを『ライス無し』でテイクアウトします。
                      テイクアウトメニューはこちら→http://www.asiakoubou.com/takeout.html

                      チキン・ポーク・海老から具が選べるのですが、お好みでどうぞ。
                      『チキン』や『ポーク』だと 具沢山な感じになります。『海老』もゴロゴロ5尾入りですので、海老好きな方でも満足して貰えるかと思います。
                      辛さもお好みで、ご注文ください。

                      マカロニ(ペンネでも)70〜80gを 表示してある時間より 短めに茹でます。表示茹で時間10分なら 8分くらい。

                      茹で上がったら、ザルにあげて水気を切り、再び鍋に戻します。
                      そこに テイクアウトした グリーンカレーのソースを入れて、弱火で煮ます。

                      水気が少し飛んできたら、一緒にテイクアウトした 野菜を 軽く刻んで加え、混ぜ合わせます。

                      合わせたら、グラタン皿に移し、とろけるチーズをのせて オーブントースターで焦げめがつくまで焼きます。

                      テイクアウト一人前で、1.5人分くらいになると思います。

                      是非 お試しくださいませ〜。

                      | お料理レシピ | 22:08 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |