RECOMMEND
おとなの味
おとなの味 (JUGEMレビュー »)
平松 洋子
食することは、こんなにも甘美で こころ満たさる...。
自分の記憶のなかにある味の感性が研ぎ澄まされます。(酒飲みの感性ですが)
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
アジア工房 ついったー
アジア工房 ふぇいすぶっく
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

12
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

アジア工房 マダム日記

アジア工房は、地域のみなさまをはじめ遠くから来られるお客様からも親しまれている、福岡市城南区にあるカレー屋です。
本格グリーンカレーに欧風カレー、大人気のカレーパンや、ご自宅でもお楽しみいただけるオードブルなどご用意しています。
デートやパーティー、記念日やお誕生日などのお祝いにもぜひご利用ください。
漁家民宿 浜の小屋〜なんにもないのがいいところ〜(後編)
0

    次の朝は、初漁、今年初めての荷揚げでした。
    漁港で その様子を見せていただきました。

    手際よく、魚種べつ、大きさ別に 選り分けられていきます。
    水族館に行っても「美味しそう...(@ ̄ρ ̄@)」と思ってしまう私のこと、次から次に上がる魚にテンションも上がっていきます!!

    「鰯、持って帰るかー?」と聞かれ、「嬉しいっ、いりまーす。くださいっ!」と答えると、トロ箱いっぱいありそうな鰯と 丸っとしたカワハギを 発泡スチールの箱に入れてくださいました。☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆きゃあ

    仕分けされた魚は、市場に出荷されるのと別に、パック詰めされて値付けされているものがあります。
    その値は、私が魚屋さんで買う価格の半値ほど、今 海から上がったばかりの まだ 活きていると言うのに!Σ( ̄。 ̄ノ)ノもぅビックリ価格です!

    聞くと、そのまま 道の駅の店頭に並ぶのだとか。
    集荷に来た 道の駅のトラックを追いかけ、一路『道の駅 阿武町』へ。


    そこでは待ち構えていたお客さんが、店頭に並ぶや否や 次ぎ次ぎに購入していました。

    そんな私も負けじと、昨日夕食で味をしめたレンコ鯛や、先ほど漁港で目をつけていたサワラを購入。

    いただいた鰯もあると言うのに、冷蔵庫に入るかなー?
    いやいや、シェフに「買い過ぎ〜」と怒られるだろうから、シェフが帰ってくる前には 下処理しておかないと...

    でも、美味しい刺身を裏店長(息子)くんに食べさせたいですもの。p(^_^)q

    漁港に戻ると茂刈さんたち 漁師の方たちが、初漁の魚を肴に お祝いの宴を催しておられました。

    「なに、買ったん?」と尋ねられて
    「サワラとレンコ鯛と イカを... チヌを迷ったんですけど...」

    自分の目利きを試されているようで、ドギマギしながら答えました。(^◇^;)

    「イカ、は良いな、サワラも良かった。、、、、」

    あゝ、ちゃんと聞いてから買えば良かった。汗。。
    でも、どれも 市場に出回っている魚に比べたら 最高!なんだもの。

    でも、それが漁師さんたちの 当たり前の暮らし。

    その前の日に たぬきのおじさんこと実父が「都会の人はセンスがある」っていっていたけれど、私はそんなことないと思う。

    たくさん店頭に並んでいる流行を こなしているだけだよ。

    ホンモノの良さを感じて、解っている人は どのくらい居るんだろう?

    山口新聞の新年の朝刊に 安倍首相と山口県知事の対談記事が出ていた。

    年間100万人いる地方移住者を如何に取り込むか?って記事だったと記憶しているんだけど...

    当たり前にある、当たり前の生活がしたくって
    そこに住む人たちが 居心地よくって、
    生き生き キラキラ☆してたら、その場所に住みたいって人が 居るんじゃないかな?って思う。でも、それは きっと 数では、ない。 きっと、少なくってもいいんじゃないかな?

    私は、アジア工房のお客様に実家の『農家レストランたぬき』を紹介するときに「何にもないんですよー。でも、何にもないのがいいところなんです。美味しい水と空気があります。でも、それは都会には無いんです。」って言ってました。

    そう、田舎には 便利な暮らしは無いかも知れない。

    でも、不便だからこそ貰えるプレゼント☆もあると思います。



    いただいた鰯に いただいた自家栽培のレモンを絞った カルパッチョ。


    イカと鰹菜のトマトソースのペンネ。
    イカはスミごと炊いているので、色はイマイチですが、味は最高!

    サワラは、軽く炙ってタタキに。
    カワハギは 刺身と鍋にして、肝ポン酢でいただきました。

    鰯は、半分を 漁師さん おすすめの梅煮にして、残り半分を日保ちのするオイルサーディンにしました。

    いただいた自家栽培のレモンを絞って。

    3人家族だと購入したものを さばききれないので、次回は 調理済ものを貰ってくださる方を募ってからにします。m(._.)m

    その後、魚尽くしの食卓が 続いています。
    まぁ、私は ぜんっぜん 構いませんが...☆〜(ゝ。∂)


    漁家民宿 浜の小屋→茂刈さんのブログ


    | 日記 | 14:00 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
    漁家民宿 浜の小屋〜何にもないのがいいところ〜(前編)
    0
      たいへん、おくらばせながら あけましておめでとうございます。
      昨年は、いろいろな出来事がありましたが、皆さまのお言葉とお心遣いを支えに乗り越えることができました。
      これを転機と捉え、今年を飛躍の一年としていきたいと思っております。
      今後とも、どうぞよろしくお願い申し上げます。m(__)m

      さて、年明け早々の3日夕方。私は実家である 山口県周南市鹿野の『農家レストラン たぬき』の たぬきのおじさん&おばさんこと両親の元を発ち、阿武町の『漁家民宿 浜の小屋』にいました。

      宿に着くと 出迎えてくださった 『漁師のおやじ』こと 宿主の茂刈さんが、今日の夕食のメインを準備してくださり...

      たった今!泳いでいたイトヨリとレンコ鯛を 颯爽とさばいてくださいます。


      イトヨリもレンコ鯛も 鮮度の落ちやすい魚なので、魚屋さんでは 先ず刺身用では出回ることがありません。

      海の中で、キラキラ光る 尻尾が糸をよる様に見えるから『イトヨリ』なんだとか。
      レンコ鯛と合わせて、美しい魚です。

      夕食の準備ができるまで、期待高まる夕食を さらに美味しく食べるため、お腹を空かせるべく 近所を散策します。


      高台にある神社は新年の厳かな佇まいで、気持ちを凛と引き締めてくれます。
      でも、正月太り身体は引き締めてくれませんので、私の故郷にも似た 棚田の美しい風景を 懐かしい気持ちで眺めながら歩きます。

      浜の防波堤から見る夕陽。

      ずっと雲の中にいた太陽が、沈むときだけ顔を見せてくれました。

      ゆっくりと流れる時間。
      初めて来た場所なのに、ずっと前から知っているような 居心地の良さを感じるのは何故なのでしょうか?

      すっかり陽が沈むまで、海を眺めて戻ると 茂刈さんご夫婦が 待っていてくださり、自然と「ただいまー。」と言う言葉が出てきました。


      ↑この日の夕食。
      魚好きの私には 堪りません。(@ ̄ρ ̄@)


      夕食のあとは、母屋にあるお風呂をいただき、なんだか親戚の家に来たみたい。(*^^*)

      浜辺の小屋で、波の音をBGMに のんびり読書。

      波の音が 福岡とも 瀬戸内海とも違って、シャランシャランと聞こえます。
      そういえば、浜辺は砂ではなくって 丸い小石でした。近くに鳴き砂の浜あるらしいです。


      そうそう、そう言えば トイレは小屋の外、母屋の方まで行かなくってはならないんですよ。
      私も正直「面倒くさいなー」と思っていたのですが、夜中にトイレに行って空を見上げたとき、流れ星☆を見たんです!

      もう!プラネタリウムのような満天の星空にキラッ☆と!!

      小屋の中にトイレがあったなら、見ることはなかった 素敵なプレゼントでした。



      | 日記 | 23:06 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
      裏店長(息子)くんと『八女デート』
      0
        シルバーウィーク真っ只中の月曜日、アジア工房改め『きらら☆サンド』の定休日。
        特に予定が無いという裏店長(息子)くんと 八女にドライブデートです。

        八女といえば『くろくも舎』さん。

        つい先日も、TVで紹介され、訪れるたびに 素敵な作品に目を奪われます。

        この夏、飛び付いて購入したくろくも舎さんデザインの着物は、今 いちばんの私のお気に入り!(≧∇≦)

        『小鳥とクレマチス』図案の元となった切り絵の前で記念撮影です。


        ながーい私たちのお喋り付き合わせて、ちょっぴり不機嫌になりかけたところを 彼の大好きな抹茶で取り直す‥‥

        くろくも舎さんのすぐ近くある お茶屋さん『このみ園』さんは 八女茶の名付け親とされる老舗。

        こちらで、お抹茶をいただきました。

        冷抹茶と言われるそうで、涼しげなガラスの器から 冷水を茶碗に注ぎ、茶筌でお抹茶を点てるという珍しいもの。

        お茶碗もガラスの器で涼しげ。

        今日は、日中 暑かったので たいへん美味しくいただきました。

        抹茶の甘みが 熱いお茶よりストレートに感じることができたように思います。

        これには、抹茶好きの裏店長(息子)くんも 大満足でした。

        お茶菓子にいただいた お茶の実の形を模した最中。
        そう言えばこの時期、お茶の実を採ってままごとにしていた懐かしい日々がよみがります。お茶の実ってこの季節なんですよね。



        そして、昨年 感激した『八女福島の灯籠人形』を遠目から観劇しつつ、家路に着いたのでした。

        裏店長(息子)くんとデート。
        彼女ができるまで。毎回、今回限りかもなーと思っているのですが…f^_^;
        | 日記 | 18:08 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
        梅雨明けしました。
        0
          150730_0902~01.jpg

          長かった今年の梅雨も ようやく明けて



          漬けていた梅を『土用干し』しました。



          仕事の合間にひっくり返して、

          日当たりの良いところで、3日間。



          日本の手仕事は、手間がかかります。



          でも、手をかけることで「美味しくなーれ」と、気持ちも込もっていくようです。



          甘酸っぱい梅の香りに 思わず唾が出てきそう(⌒〜⌒)



          そういえば、私の実家でも『土用干し』をしていました。





          これからの暑い夏。

          夏バテに効く、美味しい梅干しになるでしょう。

          | 日記 | 18:58 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
          お着物の話
          0
            ↓『ギャラリー亞廊』にて撮影
            150706_1347~01.jpg

            ふふふ。



            今日は 完全に趣味の お話しです。



            私、数年前から 仕事以外の日を 着物を着て過ごしていまして、

            まあ 『私服=着物』って感じです。



            先日、『キモノモダン』さんのサイトを 眺めていると、あの八女の切り絵作家『くろくも舎』さんの デザインのお着物があるじゃあないですか!\(◎o◎)/



            アジア工房 店内にも、その作品を飾らせてもらっているほど 大好きな『くろくも舎』さん。





            以前、八女のギャラリーに伺ったときから、ずっと「この作品のような 着物があったらなー」って 思ってましたから、そりゃもう 飛び付きました。(≧∇≦)





            サラサラした肌触りの涼しい生地と 明る過ぎない 綺麗なうぐいす色の着物は、浴衣としても この夏 大活躍してくれそう!





            今日は 手持ちの博多織の半幅帯と組み合わせてみました。



            普段使いには、ちょっぴり勇気のいる この帯ですが、結び方を工夫したら着物にぴったり!(o^-’)b



            浴衣でも目立つ、この変わった結び方はこちら→『youtube 風船太鼓の結び方



            今月20日(月曜日祝日)に アジア工房 店内にて開催のMUSIC LIVEには、この着物で営業しようかな?

            | 日記 | 15:28 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
            梅雨明けを待っています。
            0
              150703_0909~01.jpg

              今日は 梅雨の晴れ間。

              窓を開け放ってのお掃除に 布団干し。主婦にとっては忙しい一日です。





              3週間ほど前になるでしょうか、お客様から「自宅に成っているから」と 立派な梅をたくさん頂きました。





              裏店長(息子)くんの大好きな、カリカリ梅や梅シロップ。

              私の晩酌用に 梅酒を、と いろいろ仕込んで・・・





              大粒で 良く熟れた南高梅は 梅干しを作ることにしました。



              粗塩で漬けて、水気が上がってきた頃に 赤シソを塩揉みして加えたのですが・・・





              梅干しなんて、実家に居た20年以上前に 一度作ったっきりなので、八百屋さんに「赤シソは 梅1キロに対して一束だよ。」と言われても

              「まさかぁ?だって一束って こんなにたくさんなんだよ?」と 一束しか買わず、葉っぱをちぎって塩揉みしてみて びっくり!(◎o◎)



              片手に納まるくらいの ちょっぴりな量になってしまって、慌てて次の日、二束買い足しました。(笑)(^。^;)





              赤シソを加えて、綺麗な赤色の梅。



              あとは 梅雨明けを待って『土用干し』するのを 待ち構えています。





              美味しい梅干しが 出来ますように。(⌒〜⌒)

              | 日記 | 16:34 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
              『藤城清治展』へ行きました。
              0
                150504_1235~01.jpg
                昨年に引き続き、福岡市博物館へ『藤城清治展』観に行って来ました。

                昨年の展示が 素晴らしく、今年も開催されるとあって 会期中 唯一の月曜開館日の今日を楽しみにGW(ゴールデンワーク)前半を乗り切ったのですよ!(`ヘ´)g


                昨年と同じ作品も何点かあったのですが、代表作品以外は 違うものを見れ、また展示の趣向も違って、存分に楽しみました。(≧∇≦)

                特に 『銀河鉄道の夜』の影絵劇のセットの展示は どれだけ眺めていても飽きないくらい・・・。

                今回、藤城先生が 作品を制作されているVTRが映し出されていて、陰影のつける手法や 衣服や建物の質感の出し方が紹介されていました。

                今まで、作品を鑑賞するときは その迫力のある構図や 鮮やかな色彩に 目を奪われるばかりでしたが、その制作の過程を見てからは 作品の細部にも 見入ってしまい、全部の展示を見終わるのに、前回以上に 時間がかかって シェフに「先に出てるよー」って言われてしまったくらい・・・。(^。^;)


                藤城先生の目には この作品のように 世界が光り輝いて見えていて、その輝きを 人に伝える手段を持っている、それを伝えるための努力をずっとされている方なのだと思いました。

                御歳91歳だそうです。

                サイン会ということで、今回も 会場にいらしていたみたいですが、お身体を大切にされて これからも この感動を私たちに与えて欲しいな、と思いました。



                と、余談。

                裏店長(息子)が 学校からもらってきたチケットで企画展示が見れたので『甲冑に見る江戸時代展』も 見てきました。

                留め具が ドクロになっていたり、蝶番が 蝶の形になっていたり、装飾の美しさに「萌え〜」( ̄∀ ̄)

                ちょっぴりマニアックですが、こちらの展示も 私的には お勧めです。(o^∀^o)
                | 日記 | 15:07 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                『試験に受カレークッキー』焼きました。
                0
                  141112_1342~01.jpg
                  先日、今年3月まで裏店長(息子)が通っていた塾の創設者であられる館長の訃報を知りました。

                  この塾に通った4年間、息子は勉強に向き合う姿勢を学び、親である私たちも また人生において 常に『学ぶ』ということの大切さを教えてていただいたと思います。

                  直接の面識はありませんでしたが、素晴らしい学舎で息子を学ばせることができ、その教えは私たちに子どもとそして自分と向き合うことの大切さも教えてくださいました。
                  この偉大な教育者であられる館長がいてくださったからこそ、4月からの高校生活が将来の夢への第一歩を踏み出すことに繋がったのだと思います。


                  謹んで哀悼の意を表します。


                  昨年の夏期講座の決起会にて、『一日完全燃焼!』受験生のみならず、一日一日を大切に努力を積み重ねることが大切だと説いてくださいました。

                  受験生の懸命の努力が報われ、試験で実力が発揮出来ますように、アジア工房では今年も『試験に受カレークッキー』を作りました。

                  ちょっぴり塩味、スパイシーな味は、試験勉強の気分転換にもピッタリ!(o^-’)b

                  『合格』の祈りを込めて、特注した五角形のクッキー型で 焼き上げています。


                  今年から、シェフの描いた可愛いイラスト付き。

                  受験生の方、共に寄り添い支えるご家族へのプレゼントに如何でしょうか?

                  141106_2253~01.jpg
                  《3cookies》さんに特注した『五角(合格)形』のカレー味クッキーです。
                  | 日記 | 18:55 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                  話題の『レバー刺風こんにゃく』を食べてみました。
                  0
                    120904_2319~01.jpg
                    惜しまれつつ、7月に禁止になってしまった『レバー刺し』

                    その代用品として 話題の『レバー刺し風こんにゃく』が近所のスーパーマーケットに売っていたので、昨夜の晩ごはんに食べてみました。

                    この『レバー刺し風こんにゃく』。
                    元々は 滋賀県の郷土料理で『赤こんにゃく』と言われるものです。
                    近江八幡市辺りの名物で、濃紅色は三二酸化鉄という食品添加物によるもので、近江八幡では、普段の食卓をはじめ、冠婚葬祭には欠かせない食材なのだそう。
                    なぜ、赤いかというと派手好きの戦国武将 織田信長に由来するらしく・・・。

                    なんせ、『レバー刺し』の代用品として開発されたものではなく、歴史ある 由緒正しい食品なのですよ。


                    で、そのお味はと言いますと・・・

                    「ふふふ。。。レバー刺し、そのものじゃ〜」(゜∀゜;ノ)ノ

                    レバー刺しのトロンとした甘みはないけれど、生臭くない分 食べやすい。

                    胡麻油&塩のタレで、何も言われず 食べさせられたら分からないかもしれない。(=゜-゜)

                    レバー刺し好きだった裏店長(息子)も 美味しそうに食べてるし、レバー刺し復活しても これさえあれば無理にたべなくても良いかも・・・(^。^;)

                    いやいや、それじゃあ『赤こんにゃく』に失礼だな。

                    今度 食べる時は『レバー刺し風こんにゃく』じゃあなく『赤こんにゃく』として 美味しくいただきますね。(-人-)
                    | 日記 | 16:50 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |
                    『篠栗のねぼとけさん』にあってきました。
                    0
                      本日月曜日は、アジア工房定休日です。

                      今日はシェフの父方の故郷、豊前市へお墓参りに出掛けました。

                      途中、昨年『篠栗カレーフェスティバル』で訪れた篠栗町を通ります。
                      そこで、以前から行ってみたかった〈南蔵院〉に寄りました。

                      道沿いから、見える〈涅槃像〉の螺髪とお顔。一度、間近で全体像を見てみたかったんですよね〜。(^-^)

                      ここの涅槃像、全長41メートル、高さ11メートル、重さ300トンと言う巨大なもので、ブロンズ製では世界一らしいのです。

                      どのくらい大きいかと言うと、

                      120820_1110~02.jpg
                      手前にいる小さな二人は、シェフと裏店長(息子)です。

                      120820_1113~01.jpg
                      ねぼとけさんの足を 擽りにいってみました。
                      起き上がったら、裏店長(息子)踏み潰されちゃうなぁ。(^_^;)

                      120820_1123~01.jpg
                      参道の途中に『水みくじ』なるものを発見。水に浮かべると、お告げが現れるらしい・・・

                      120820_1124~02.jpg
                      裏店長(息子)の結果は 如何にっ?!

                      大吉でしたー。\(^O^)/
                      《学問》大いに努力せよ
                      だって。肝に銘じろよ〜。(T_T)\(^_^)

                      アジア工房は、今年も『篠栗カレーフェスティバル』に参加します。
                      今年の開催日は 9月30日(日曜)
                      詳細は、後日お知らせします。
                      昨年は、早々にチケット売り切れとなりましたので、ご希望の方は要チェックですよー。(^O^)/~

                      そして、篠栗にお越しの際は こちらのねぼとけさんにも いらしてみてはいかがでしょう。
                      | 日記 | 18:24 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |