RECOMMEND
おとなの味
おとなの味 (JUGEMレビュー »)
平松 洋子
食することは、こんなにも甘美で こころ満たさる...。
自分の記憶のなかにある味の感性が研ぎ澄まされます。(酒飲みの感性ですが)
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
アジア工房 ついったー
アジア工房 ふぇいすぶっく
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

10
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

アジア工房 マダム日記

アジア工房は、地域のみなさまをはじめ遠くから来られるお客様からも親しまれている、福岡市城南区にあるカレー屋です。
本格グリーンカレーに欧風カレー、大人気のカレーパンや、ご自宅でもお楽しみいただけるオードブルなどご用意しています。
デートやパーティー、記念日やお誕生日などのお祝いにもぜひご利用ください。
<< パン屋さん、開店準備スタート | main | 『三丘パン研究会』に参加しました。 >>
オープンまでの道のり。古民家 改装。
0
    前回のブログから すっかり間が空いてしまいました。



    8月からは、この 想い出の詰まった 私の生家の納屋を改装して、一階に パンの製造室と、二階にイートインスペースを備えれるように 建築士さんと相談しながら、設計してもらっています。

    この家は、4年前に亡くなった祖父が幼い頃に建てられたもので、裏山から材木を切り出し、家の横に建てられた小屋で加工され、当時の大工さんたちによって建てられました。
    その大工さんの名が階段横に刻まれています。
    築80年を越える古い農家の家屋です。
    祖父が育ち、父と その兄妹が育ち、私が育ったこの家には、それぞれの大切な思い出があります。

    この 時を重ねた物が持つ 落ち着いた雰囲気と 家族の思い出、それを壊さぬようにしたいと思っています。
    そして、初めて訪れた方にも、この家を『自分の居場所』だと思って貰えるような店作りがしたいです。

    しかし、『古民家再生』と世間でも話題ですが、思っていた良いことばかりではないようです。
    製造室は衛生を第一に大幅な改装が必要ですし、イートインスペースの窓の設置や、冬の寒さ対策。 昔の家によくある急で 幅の狭い階段は、昇降りするには危ないので新しいものにする必要があります。
    今あるものを大切にしたいと思いながらも、実用性が必要です。
    改装は大変な作業になりそうです。
    現実的に、費用のこともあります。

    私の、『この鹿野の町で 店を営み、生活したい』という想いを汲み取ってくださり、協力してくださる設計士さんに お願いすることができたことが 、何より幸せでした。
    大分に無理をお願いしていると思うのですが、素人の私の希望をじっくり聞いてくださり、提案してもらって、本当に感謝しています。

    きっと、オープンまで、、、
    いや、これからも ずっと、たくさんの方に助けていただくことになると思います。

    自分が 出来ることは、大きくはないかも知れないけれど、
    しっかり、自分に出来ることに 一生懸命に やっていきたいと思います。



    先日、納屋の中のものを運び出した時の様子。
    おかまやら、馬に乗る時の鞍やら、子どものころの玩具やら。


    これから、どうなっていくのか?
    楽しみにしてくださいね〜。
    | 子たぬきのパン&きらら☆サンド | 13:55 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    http://blog.asiakoubou.com/trackback/1243837